目指す大学に入るための塾:医学部専門予備校で学べること

通信で学ぶ

耳鼻科

大学の学費は、国公立となりますと年間30万円から50万円、私立となりますと100万円から120万円となります。ですが、実は大学では授業の選択数によって年間の学費が変わるところもあるのです。それは通信制の大学です。通信制は有名な私立の大学では増え始めていますが、そこでも学費は通信制でも年間の金額が決められているところが多いです。ここで言う通信制の大学は、その「通信制専門の大学」なのです。通信制の生徒だけを募集するところでして、そこではテレビやラジオ、またインターネットの動画から授業を見て学ぶやり方の学校なのです。授業料も1単位5500円でして、選択数によって支払う金額も変わり、大体年間支払う平均金額が10万円前後となることもあり、とても勉強しやすく感じる人がいたりするのです。

通信制でも、取得しなければならない単位数は普通の大学と変わりはなく、127単位です。その大学では卒業するまでに1単位5500円としますと入学金を含め、最低73万円ほど必要となるわけですが、でも結構安い学費となるわけでして、通信制で学ぶ人も増えていたりします。しかし、まだまだ若者や高校を卒業してから学ぶ年齢の生徒は少ないものです。なぜなら通信制は就職活動に不利になる場合が多くあり、企業はどちらかといえば通信制で学んだ生徒よりもそれなりに名が通る大学の生徒を選んだりすることが多いため、まだまだ通信制での生徒数は少ないのです。ではどのような人が通信制で学ぶのかといいますと、そのスキルや資格取得を目指す人、本気で勉強したいと思う人が通うので、主に「勉強をするための学校」と思って入学する人が多いのです。