目指す大学に入るための塾:医学部専門予備校で学べること

勉強を継続

研究室

医学部は、昔も今も大学入試の中でも最難関と言われる難しい入試を突破しなければなりません。ほかの学部と異なり、医学部に入学すればかなりの確率で医師の職業につけることが、その人気の秘訣です。 医学部は学費が高く一般家庭には縁がないと思いがちですが、国立大学はそれほど高いわけでもなく、敷居が低いので私立大学以上に難関です。 ただ闇雲に、勉強しているだけでは合格することができません。勉強の量はもちろん、そのやり方を間違えないことが大切です。 では、どうやって工夫して勉強をするかと言えば、独学で勉強をすることはほぼ不可能です。医学部専門予備校に通い、医学部入試のコツを知り尽くした先生のもとで学ぶことが、合格への第一歩です。

医学部専門予備校は、普通の予備校に比べて数が限られているので選択肢は多くありません。学校や先輩、あるいは同じ医学部を目指す仲間から情報を得て、自分に合った医学部専門予備校を選びます。医学部は現役で入学するのは稀で、浪人するのが珍しくありません。数年間お世話になることになるので、環境面でも安心して勉強できることが大切です。 また、高校卒業の時点で医学部を目指さなくても、社会人になってからや大学途中で医師を目指す人もいます。いわゆる編入試験ですが、これも現在は多くの大学が門戸を開いています。社会人で医師を目指す人は、編入試験にも対応している医学部専門予備校で勉強をすると、効果的に勉強することができます。