目指す大学に入るための塾:医学部専門予備校で学べること

活用して受験する

古い病院

塾では受験対策や学校の授業の予習、復習をしっかりとくれるため安心です。学校の授業は、一クラス40名程の生徒が同じ授業を受けるため、生徒一人一人が授業の内容をどの程度理解しているのかを教師が把握しながら、次の授業に進むことはできません。人数が多いため、誰もがその日分からなかったことを質問して、その日のうちに疑問点を解消させることは不可能です。そのため、授業についていくことができなかった生徒は、分からないまま次の授業を迎えるため、成績が伸びずに取り残されてしまいます。また、学校では行事が多くあるため、受験を控えている生徒に対しても、志望校別の受験対策をする時間がなく、独自に塾に通うことで対策を講じる必要があります。

最近では、少子化が進み、子ども一人一人に対して教育費を惜しまない家庭が増えてきており、幼少期のうちから子どもを塾に通わせる親も少なくありません。また、大手進学塾においては、入塾テストで習熟度別にクラスが分かれているため、自分と習熟度が近いライバルが身近なところにたくさんいるため、お互い刺激しあい、切磋琢磨して頑張るための環境が整っております。また、独自に志望校別の模擬試験なども実施しているため、自分の実力を客観的に把握しやすい環境にあります。学校のクラスよりも少人数クラスであるため、講師に質問しやすく、分からないところをその日のうちに解消することもできます。学校の授業がない長い夏休みや冬休みにも講習会があるため、しっかりと復習することで真の実力を養うことができます。